イベント買いの難しさ。

戦略

イベント、

Brexitやアメリカ大統領選挙など。

どーんと下がるのを期待して、プットを買うのはどうか?

どーんと下がったら爆益だ💰

しかし、そんな上手くいくだろうか。。

 

ここでもやはり日経VIをみる。

VIが高いということは、みんな怯えているということ。

即ち、何かが起こっても織り込み済みで、100倍200倍に化ける可能性は限りなくゼロに近いと言える。

 

例を見てみよう。

2016年6月24日イギリスの国民投票の前日、6月23日のATMのプットオプションは435円(買うなら43.5万円必要)。

¥2,000下でも¥70する。

 

で、国民投票の結果はexit!(◎_◎;)

 

予想に反する結果だったので相場は崩れた。

プットオプションのプレミアムも3倍近く上がった。

ただ・・・

VIが高かったので、暴落の割には全然大した事ない。。

 

 

次に2018年のアメリカ中間選挙を見てみる。

やはり選挙前にボラが20を超えていて、暴騰しそうにない。。

で、

結果はサプライズもなくボラは低下。。

サプライズがあっても織り込み済みのサプライズだと、

利益を得るのは難しそうだ。。

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

戦略
もし見つけたらサヤ抜けるかも?!

ATMのオプションは、コールもプットも値段が同じです。   ただ、   権利行使 …

戦略
ITMでも心配無用

コールプットパリティで オプションの適正価格が分かり 先物mini&OTMのオプション(コー …

戦略
プットコールパリティの理解・利用が必要

明日(日付けが変わって今日)、トランプ大統領がやって来る。 ya!ya!ya! 相撲見て、ゴルフもす …