まずはここから

オプション投資取引入門

日経225オプションは儲かるのか?!

 

試しに、

3月ギリ(限月) 権利行使価格¥9,500のコールオプション、

“3C9500”を、¥100の時1枚買ってみる。

10万円(¥100×1,000)の支払いとなる。

 

このポジションは、

権利行使価格¥9,500に、支払ったプレミアムの¥100を足して、

損益分岐点は¥9,600となる。

 

即ち、SQ(満期)で日経平均が

¥9,600以下で負けとなり、

¥9,500以下では最大損失額の10万円(支払った額)の負け

となるが、

買っているので、この10万円が最大損失

 

利益側は、日経平均が、

¥9,600以上で勝ち

¥9,700で、10万勝ち✌️

¥9,800で、20万勝ち😁

¥9,900で、30万勝ち☺️

いわゆる損失限定利益無限大

 

次は、同じ3C9500の¥100を売ってみよう

売ったタイミングで10万円が入る(¥100×1,000)

損益分岐点は同じで、日経平均が¥9,600以下で勝ち。

 

¥9,500以下で最大利益の10万円勝ち💰イェーイ

しかし、

¥9,600以上で負け

¥9,700で、10万負け😱

¥9,800で、20万負け😱😱

¥9,900で、30万負け😱😱😱

利益限定損失無限大

 

さらに注意が必要なのは、

SQ前でも損失が膨らむと、

その時点で莫大な証拠金が必要となり、もしその証拠金が用意出来なければ、 仮にその後日経平均が戻ったとしても、口座にある金額がゼロになるだけでなく、最悪なタイミングで決済され、損失の支払い義務は消えない。

 

怖すぎる。。

 

どの教科書を見ても、オプションの裸売り(特にプットの裸売り)は、莫大な資金を用意出来なければやるべきではないと言っている。

 

逆に言えば、裸売りをしなければ、そんな簡単に強制退場させられる事はないと思う。

 

しっかり気を付けて儲けを狙おう!

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

オプション投資取引入門
オプションとは 〜その7〜 プレミアムの補足

オプションの値段はプレミアムと呼ばれ、またその内訳についても以前書きました。 プレミアムとは、①本質 …

オプション投資取引入門
オプションとは 〜その6〜 バーティカル・スプレッド

*バーティカル・スプレッド* 呼び名で混乱する人がちょこちょこおられますが、意味で考えれば簡単です。 …

オプション投資取引入門
オプションとは 〜その5〜 カバ子

カバの子でカバ子ではありません、 カバードコールを略してカバコ。 オプションの教科書では、最初の方に …