オプションとは 〜その3〜 ターレスの話

オプション投資取引入門

オプションって何?

 

俺:「ってなわけで、オプションの触りだけを話したけど、これではまだ始める気にはならないかな。。。」

 

友人:「そーだなー、動かないところに賭けれるのは面白いけど、でも結局相場観を当てる必要があるなら、やっぱそのもので勝負すれば、ややこしい事を考えなくても良い感じがするんだよね。

 

保険の代わりになるって言うけど、ポジションを閉じればいいとも思うし。。」

 

俺:「確かにそうなんだけど、急な変動では決済出来ない事もあるし、そもそも俺は保険としてではなくオプションだけの勝負を想定してるよ。

 

それと、資金効率を考えると、数多い戦略の中でも損失限定で、且つ利益も限定にするポジションを建てる事が多くなっちゃうから、

 

相場観をキッチリ読めるなら原資産の売り買いだけで勝負をした方が利益は大きいと思うよ。でもキッチリ読むのなんて無理じゃね?

 

キッチリ読めないからこそのオプションなんだよね

 

そもそもオプションの起源になっていると言われているのは、色々あるオプションの教科書の最初に書いてある事なんだけど、ちょっとそれを語るね(笑)

 

〜✴︎〜✴︎〜✴︎〜✴︎〜✴︎〜

昔、貧乏な天文学者のタレスと言う男がいた。

タレスはある年、天文学の知見から来年のオリーブは豊作だと確信を持った。

そこでタレスは、オリーブ畑そのものを買い占めに走ったり、豊作で値崩れを起こすのを見越してオリーブのカラ売りを仕掛けたりせずに、オリーブ油の搾油機に目を付けた。

オリーブはオリーブ油にして消費されていた為、搾油機は必ず必要となる道具である。豊作になれば、大量の搾油機が必要になる事は間違いない。

 

搾油機の需要が高くなるのが分かったタレスは、搾油機を通常¥1,000で貸し出してる業者のところに行って、

来年の収穫期に¥1,000で借りる権利を、今¥100で売ってくれと頼んだ。

そんな取引をした事がない業者は聞いた瞬間はキョトンとしたが、来年¥1,000で借りてくれて、さらに今¥100くれるのか?! 良いよ良いよ是非是非と嬉しそうだったらしいw

 

で、収穫期には目論見通り搾油機が足らなくなり、レンタル料金は¥2,000にまで高騰!

当然権利を行使し、¥1,000で借りて¥2,000で貸したので、去年支払った¥100を引いて、¥900の儲けとなる。

10台だと、10x¥900で ¥9,000の儲け!

もし目論見が外れて、レンタル料の相場が¥1,000に到達しない場合は、

損失は最初に支払った¥100だけで済む!

投資って、儲かる部分ばかりがクローズアップされるけど、

いかに負けるか、

どう負けるかが重要だよね。

 

おっと、話しは脱線したけど、、

こうして毎年オリーブの収穫を予想し、

搾油機のオプション取引で

タレスは貧乏から脱却し、幸せな人生を送ったとさ。

めでたしめでたしw

〜✴︎〜✴︎〜✴︎〜✴︎〜✴︎〜

 

俺たちは、

日経225のオプションで

ひと儲けしよw」

 

友人:「ホントに勉強始めよと思う。ありがとう」

 

俺:「これからも基本的なとこ、戦略、実践記なんかもブログに書くから見てね。

ちなみに別の投稿でも書いたけど、

 

俺がオプションを学んだ「オプショントレード普及協会」のサイトは以下だよ。こっちも参考にすれば良いと思う。

https://オプショントレード.com/

 

友人:🙆‍♂️

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

オプション投資取引入門
オプションとは 〜その7〜 プレミアムの補足

オプションの値段はプレミアムと呼ばれ、またその内訳についても以前書きました。 プレミアムとは、①本質 …

オプション投資取引入門
オプションとは 〜その6〜 バーティカル・スプレッド

*バーティカル・スプレッド* 呼び名で混乱する人がちょこちょこおられますが、意味で考えれば簡単です。 …

オプション投資取引入門
オプションとは 〜その5〜 カバ子

カバの子でカバ子ではありません、 カバードコールを略してカバコ。 オプションの教科書では、最初の方に …