オプションとは 〜その4〜 プレミアム

オプション投資取引入門

オプションの値段 (プレミアム) は、

時間的価値 (満期までにITMになる期待感) と、

本質的価値 (例えば、権利行使価格が¥100のオプションはマーケットが¥120の場合、¥20の本質的価値を有している事となる)の、

2つが合わさった金額になる。

 

即ち、

オプションの

OTM (Out of the money) とは、時間的価値のみ

ITM (In the money) とは、時間的価値と本質的価値の合算

ATM (At the money) とは、権利行使価格とマーケットが同じなので時間的価値のみになるが、少しの変動ですぐにITMになり得るので、プレミアムは安くない。ちなみに、本質的価値はマイナスではなく “ゼロ” と云う事。

 

補足すると、

コールのITM=権利行使価格<マーケット価格

コールのOTM=権利行使価格>マーケット価格

プットのITM=権利行使価格>マーケット価格

プットのOTM=権利行使価格<マーケット価格

 

言わずもがな、それぞれの満期で、全てのオプションの時間的価値は必ずゼロになる。

ただ、この必ず減少して行く時間的価値こそが、オプション特有なもので、利益を生み出す源泉となるわけだ。

 

何かを買って上がるのを待つか、

何かをカラ売りして下がるのを待つかだけの投資より、

原資産のロング・ショートを絡めて色んな戦術が組めるオプショントレードがとても魅力的に感じるんだよね。

 

 

私はここで↓ オプション取引を学びました。

https://オプショントレード.com/youseijuku_ip

ご興味ある方は是非申し込んでみて下さい。

もしくはコメント下さい!

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

オプション投資取引入門
オプションとは 〜その7〜 プレミアムの補足

オプションの値段はプレミアムと呼ばれ、またその内訳についても以前書きました。 プレミアムとは、①本質 …

オプション投資取引入門
オプションとは 〜その6〜 バーティカル・スプレッド

*バーティカル・スプレッド* 呼び名で混乱する人がちょこちょこおられますが、意味で考えれば簡単です。 …

オプション投資取引入門
オプションとは 〜その5〜 カバ子

カバの子でカバ子ではありません、 カバードコールを略してカバコ。 オプションの教科書では、最初の方に …