プレミアムについて(補足)

オプション投資取引入門

オプションの値段はプレミアムと呼ばれ、

その内訳についても以前書いた。

プレミアムとは、①本質的価値  と ②時間的価値 の合算。

 

本質的価値は、単純にオプションのITMになっている分の “価値” を指すので、

持っているオプションの権利行使価格が、

ATMからinしている分が、本質的価値。

 

では、満期では必ず価値がゼロになってしまう “OTM” でも値段が付く

“時間的価値” とは何か。

 

それは “期待感” で、その “期待感” には以下の要素がある。

  • オプションの権利行使価格と原資産価格までの距離(値差)

OTMでもATMに値段が近ければ、ITMになる可能性が高いので、ATMに近いオプションの方が遠いオプションよりもプレミアムは高くなる。

  • SQ(満期)までの残存日数

OTMはSQで必ず無価値になるのだから、SQまでの日数が多ければITMになる期待感が高く、少なければ期待薄で、この期待感に値段が付く。当然ながら、期待感が高い方がプレミアムは高い。

  • 原資産がどれくらい動くか?の現在の見込み(インプライドボラティリティ)

もし原資産の変動具合が、例えばここ数週間・数ヶ月で、上下1,000円も動いてた場合と、50円ぐらいしか動いていない場合では、同じ残存日数、同じ値差でも、これまたITMになる期待感が違うので、プレミアムも違ってくる。

 

これらの要素を鑑み、売り手と買い手の思惑が均衡したポイントで値段が付き、プレミアムとなる。

最初オプションを勉強し始めた時、残存日数と値差に関する部分は容易に理解出来たものの、

ボラティリティの部分は、完全に理解するまでには時間を要した。

 

私はここで↓ ボラティリティに関する知識と戦略を学び、現在も楽しみながら頑張っている。

ご興味のある方は是非。

https://xn--kck0a1ce1ezepb4cxe.com/k35e

クーポンコード kopiluwa  を入力すると、
4000円引きです。

 

では✋😃

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

オプション投資取引入門
バーティカル・スプレッド

*バーティカル・スプレッド* 呼び名で混乱する人をたまに見かけるが、意味で考えれば簡単。 あくまでも …

オプション投資取引入門
カバードコールとは。カバ子?

カバの子でカバ子ではありません、 カバードコールを略してカバコ。 オプションの教科書では、最初の方に …

オプション投資取引入門
プレミアム、ATM、OTM、ITM

オプションの値段 (プレミアム) は、 時間的価値 (満期までにITMになる期待感) と、 本質的価 …